« COALPOT☆CUP☆2nd | トップページ | 第5回izumiレディース杯 »

尼崎練習

一昨日は尼崎での練習日でした。
参加メンバーは9人で程よい感じでしたねnotes


この日からちょっと練習メニューをテコ入れ。
ゲーム半分は強打ナシと言う制限をつけ、
残り半分(通常のゲーム)にはコースと球種の制限をつけました。
それが出来るようにアタック練習も各自で組み立てないといけないので
アタッカーに関してはより頭を使った練習が出来ると思います。

さっそくやってみたのですが、言われたことをちゃんとやろうとする人、
まったくやらない人(←多分忘れてる)に分かれてましたな。
何気にゲームしてたのでは、なーーんにも成長しませんよgawk
何度も言いますが練習は「頭使って」やって下さいね。
身体だけでは身に着くまでアホほど時間かかりますので。

強打ナシの方ではレシーバーの練習にもなって一石二鳥です。
るんちゃんにはネットリバウンドの特練を設けました。
手応えとしてはなかなかのもんでした。
毎回取れるなら集中力上げる意味でもこの時間とりましょう。
あと他にもネット際の処理が苦手な人は
自ら申し出て練習に参加して下さいね。
例えすごく短い時間でも、塵も積もれば山となる!ですからfuji


ゲーム内容テコ入れの目的は、アタッカーの持ち物増やしですが
それと同時に常に「考えてプレーする」と言う
余裕を身に着けて欲しいです。
どんな状況においてもその思考があれば、
ある程度のことには対応出来るんじゃないかと思います。
技術だけでなく、同時に能力も鍛えるのです!
猶予期間は3ヶ月。
今の自分のプレーをさらに磨くべく、決められた期間を
有意義に活用して下さいね。

レシーバー陣も新しいゲームの時間を活用し、
トスの高さやアタッカーの癖を読み取り
ポジショニングするよう心がけて下さい。
あとるんちゃんにも良く言ってますが(私自身も課題です)、
いったんボールから目を離してアタッカーを見る癖をつけましょう。
ブロックカバーもこれに相当しますが、
レシーバーもレシーバーで身に着けなくてはならないものが
たくさんありますからね!

セッターに関しては今いちいい練習内容が見当たりませんが、
トスアップをする際に足を平行に開く癖を身に着けて欲しいかな。
これは上げる方向に身体を向ける一番の矯正法だと思います。
前後に開くとどうしても上半身は45℃内側を向いてしまうので
よほど下にうまく潜り込めるタイプじゃないと難しいです。
結局は上半身ひねりで上げてしまう結果になるのでね。
まずは簡単な平行開きから意識して練習してみましょう。


そんな感じで今回からちょっとメニュー変えてみましたが
また次回からも何か気付くことがあれば少しずつ
テコ入れしていきたいと思いますので、
みなさん対応よろしくお願いしますcatface


「全員」で、レベルアップすんぞぉ〜〜rock





                           ヤブ

|

« COALPOT☆CUP☆2nd | トップページ | 第5回izumiレディース杯 »

練習日記」カテゴリの記事

コメント

久しぶりに9人もメンバーが揃ってとってもよい練習になりました。
ネット際特練、毎回やりたいです!
どのプレーをとってみてもつい目が頭がボールを追ってしまってるのを
修正しないことにはブロックカバーもネット際の球も取れないwobbly
あと「考えてプレーする」。
これ最大の課題です。
次の練習もメンバーがそろいますように。。。

投稿: るん | 2012年6月14日 (木) 21時16分

heartるんちゃん
そやねー、やっぱメンバーがたくさん揃うと嬉しいね!
ネット際のあの程度の練習だったらそない時間取らないので
毎回続けてやりましょう。
慣れてきたらあれをワンハンドで上げる練習に切り替えてね。

ボールの後追いしてしまうのは、ボールから目が離せないから。
私はブロック前とカバーは離せるけど
レシーブはまだ出来んsweat02
1つ出来たらすぐ次出来るってもんでもないみたいやわ。
根気勝負やけど自分に負けないよう頑張ろうぜ〜smile

投稿: ヤブ | 2012年6月14日 (木) 23時49分

お疲れ様です~。
やっぱりメンバー9人はいいですねぇ♪

強打無し練習~いいですよね!私は有りでしたが(汗)それでも決まらずdown頭使えてないsweat01
毎回お願いします!

ネット際の練習は私が行く前にやってたのかな?
私もネット際苦手でアタフタするのでぜひ練習したいです!

投稿: 田村みかん | 2012年6月15日 (金) 10時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« COALPOT☆CUP☆2nd | トップページ | 第5回izumiレディース杯 »